企業行動憲章・反社会的勢力に対する基本方針Company

企業行動憲章

企業は、透明かつ健全な企業運営により公正な競争を通じて利潤を追求すると同時に、広く社会にとって有用な存在でなければならない。 そのため、私たちオーシャンシステムとグループ企業は、「食」という健康・生命に関わる事業に携わるものとして、 その社会的責任の重さを自覚し、国の内外を問わず、事業活動の展開に当たっては、人権を尊重し、 すべての法令を遵守することはもとより、高い倫理観に根ざした社会的良識をもって、持続的発展に向けて次のとおり企業行動憲章を定め、自主的に行動する。

役員および役職者、従業員一同は、企業行動憲章の実現が自らの重要な役割であることをよく認識の上、社内外の声の把握、実効ある社内体制の整備、及び企業倫理の周知に徹底して取り組む。

「企業行動憲章」に違反する事案が生じた時は、社長を先頭にして組織を挙げて問題の解決に当たり、原因の徹底究明、再発の防止に努めるとともに、社内外に対し、迅速かつ的確な情報公開を行い、その説明責任を果たし、社長を含め関係社員を厳正に処分する。

また、市民社会の秩序や安全に脅威を与える反社会的勢力及び団体とは断固として対決し、関係遮断を維持徹底する。

株式会社オーシャンシステム
代表取締役社長 樋口 勝人

企業行動憲章

  1. コンプライアンスと信頼性のある財務報告を重視した、
    透明かつ健全な経営を目指す
    法令等を遵守し、適切な会計処理を行い、適切な情報開示を行う
  2. 顧客第一主義を貫く品質重視、安全、安心な商品とサービスを提供する
  3. 流通革新に挑戦し、お客様に豊かさを提供し、奉仕する"より良いものをより安く"を実現するために積極的に努力する
  4. 環境問題と安全衛生に取り組み、社会的信任を得る衛生管理、品質管理、労務管理を重要課題とする
  5. 理念を共有し、次元の高い集団を築く労使一体となり、レベルの高い会社を築き上げる
  6. 品格、人格を磨き、人間性を向上させる自己の生活向上を目指し、会社・周りの人達に感謝する
  7. 反社会的勢力との関係を遮断し、適正かつ健全な社業を目指す反社会的勢力及び団体との関係遮断を徹底する

反社会的勢力に対する基本方針

  1. 反社会的勢力による不当要求に対応する従業員の安全を確保します
  2. 反社会的勢力による不当要求に備えて、平素から、警察、暴力追放運動推進センター、弁護士等外部の専門機関と緊密な連携関係を構築します
  3. 反社会的勢力とは、取引関係を含めて、一切の関係を持ちません。また、反社会的勢力による不当要求は拒絶します
  4. 反社会的勢力による不当要求に対しては、民事と刑事の両面から法的対応を行います
  5. 反社会的勢力への資金提供は、絶対に行いません