やりたい!と思ったことに
チャレンジさせてくれる
風土がある。

チャレンジャーSupermarket
坪川 英樹Tsubokawa Hideki
2016年入社

VOICE

商品の動きと過去のデータを
参考にしながら
ベストな発注量を予測する。

大学1年の秋からチャレンジャーでアルバイトをしていました。就職活動でオーシャンシステムが幅広い事業を行なっていることを知り、アルバイト先の雰囲気もとても良かったので入社を決めました。大学では食品に関する研究を行っていたので、その知識も活かせると考えました。

入社後もチャレンジャーに配属となり、これまでに5つの店舗で経験を重ねてきました。現在は「デイリー」と呼ばれる乳製品や揚げ物・豆腐などのカテゴリを任されています。主な仕事は、商品の陳列や発注業務、パート・アルバイトのマネジメントなど。なかでも発注業務に大きなやりがいを感じています。

発注時に参考にしているのが、前年の売り上げデータと天気予報。その日の天候や気温によって商品の動きが大きく変わるため、データと照らし合わせながらちょうどいい数量を発注するのが腕の見せ所です。特定の商品がテレビで話題になると売り上げも一気に増えるため、トレンドにもアンテナを張っています。チラシの掲載位置によっても売り上げが変わるなど、体験してみるととても奥深い世界です。

店舗内の売り場づくりも重要で、コメントPOPを作成してお客様が選びたくなる工夫を行っています。なかなか売れなかった商品にテコ入れすることで売り上げが伸びると手ごたえを感じます。

パート・アルバイトのマネジメントも社員の仕事です。アルバイト時代には頼まれごとを終えると手元が空いた状態になることがあったので、必ず次の作業指示までを行うようにしています。3年間のアルバイト経験が、現在の仕事にも活きています。

お客様からの
ポジティブな言葉が、
仕事のモチベーションにつながる。

アイデアを形にし、大きな成果をあげたのが「ボジョレー・ヌーヴォー」の売り場づくりでした。通常は店内で販売する商品のゾーニングやレイアウトが決まっているのですが、店長と協力してボジョレー・ヌーヴォーに関連するお惣菜やチーズ、パンなどを一箇所に配置し、見せ方も工夫しました。

テーマに合わせた商品アイテムの選定に苦労しましたが、お客様が足を止め、実際に商品を手にとっている姿をみると嬉しい気持ちになりました。私が担当するデイリー商品も、前年比30%超の売り上げアップにつながりました。

オーシャンシステムには、やりたい!と思ったことにチャレンジさせてくれる風土があります。若いうちから仕事を任せてくれて、必要に応じて上司がアドバイスやサポートをしてくれます。また、ふだんの生活ではそれほど聞くことのない「ありがとう」という言葉をお客様からいただける仕事でもあります。ポジティブな言葉が仕事のモチベーションにつながります。
これからさらにキャリアを重ね、お客様や一緒に働くスタッフから頼りにされる存在に成長していくのが目標です。

また、モバイルアプリ「Oceanネットスーパー 」との連携で、商品バーコードを店舗やご家庭でスキャンするだけで翌日配達してくれる新サービスが始まりました。世の中の仕組みをどんどん変えていくオーシャンシステムの今後の展開もとても楽しみです。

1日の流れ
 
 
8:00
出勤、本部からのメールチェック、品出し、陳列、スタッフへの指示
 
10:00
店舗オープン
 
10:30
商品発注業務
 
12:00
昼食にはフレッシュランチ39のお弁当を(休憩)
 
13:30
翌日の売り場づくり、品出し
 
16:00
伝票処理
 
16:30
アルバイトスタッフへの指示
 
17:00
業務終了

学生へのメッセージ

入社後に上司からいただいた「若いうちは失敗しても、それを次に活かせばいいんだよ」という言葉が強く印象に残っています。
就活では、うまくいかないこともあるかもしれません。でも、さまざまな企業にチャレンジして、もし失敗しても次に活かせばきっと良い結果につながります。志望する業界だけでなく、気になった会社は積極的に話を聞いてみるなど、幅広い業界を見渡すことで目標が定まります。

※所属、肩書き、サービス名などは2021年3月時点のもの