Oceanネットスーパーの
登場で、
営業スタイルと
その成果が劇的に
変わりました。

弁当給食Lunch service
霜田 京介Shimoda Kyosuke
2013年入社

VOICE

モバイルアプリを新たな切り口に、
お弁当をはじめ
幅広い提案活動を行う。

他社で営業職を経験し、オーシャンシステムに転職しました。スーパーマーケットや宅配事業、お弁当事業、飲食店などさまざまなビジネスを展開し、チャレンジャーのCMで知名度もある上場企業なので安心感がありました。入社後は「フレッシュランチ39」を手がけるランチサービス事業部で配送スタッフを経験し、現在は営業を担当しています。

お米や食材の品質にこだわったフレッシュランチ39のお弁当を工場やオフィス、施設などに提案するのが私のメイン業務ではありますが、営業活動はそれだけではありません。オーシャンシステムの各事業を統合するモバイルアプリ「Oceanネットスーパー」を活用した宅配や「Oceanオフィスコンビニ」も同時に提案しています。

以前は弁当給食だけの提案だったため、他社との差別化が難しく苦戦をしいられることもありました。しかし、さまざまな商品やサービスの提供が可能となるOceanネットスーパーなら、弁当給食の需要がないお客様でも宅配やOceanオフィスコンビニに興味を抱かれることも少なくありません。お客様の食のニーズに合わせた提案ができるようになったため、営業活動が劇的に変わりました。

お客様のニーズを満たし、
みんなが笑顔になる状態を
つくりだす。

この仕事で手ごたえを感じるのが、大口の取引先との契約を勝ち取った時です。
先日は、お弁当とOceanオフィスコンビニのダブル受注に成功しました。

そのお客様は、以前はオフィスの共有スペースに売店を設けていました。しかし、人件費の削減で売店を廃止することに。ところが現場で働くスタッフからは売店の継続が求められ、課題を抱えておられました。

そこで、OceanネットスーパーのサービスのひとつであるOceanオフィスコンビニを提案させていただきました。導入すれば、以前のように売店に人員を抱えることなく、無人で必要な商品の販売が可能になります。しかも、モバイルアプリで決済まで完了するのでお客様の負担がほとんどない状態でニーズを満たすことができるようになります。「社員への福利厚生の一環になりました!」と感謝の言葉までいただくことができました。

オーシャンシステムでは、積極的なデジタル化の推進によって営業活動以外にもさまざまな業務革新が起きています。配送スタッフが持つタブレットには効率的な配送ルートが表示され、お弁当の注文も企業の取りまとめ担当者様や当社の営業を介すことなく、配送スタッフのタブレットに注文情報が直接届きます。

新たなシステムの導入によって企業さまに毎月の集計・集金のお願いをすることもなくなり、私たち営業スタッフも新規営業に注力できるようになりました。社内のスタッフに時間と心の余裕が生まれたことで、互いの業務をサポートし合う動きが生まれています。

1日の流れ
 
 
8:30
メールチェック、注文確認、営業準備
 
9:00
新規営業活動
 
11:00
イベント用の別注弁当を配達
 
12:00
お取引先でアプリの使い方説明会
 
13:00
社内食堂でランチ(休憩)
 
14:00
週1開催のグループミーティング
 
16:00
お取引先でオフィスコンビニの棚卸
 
17:00
退勤

学生へのメッセージ

オーシャンシステムで働く一番の醍醐味は、会社の成長を日々実感できるところだと思います。めまぐるしく変化する環境の中で多くのチャレンジをすることで、自分の成長も実感できると思います。
また、Oceanネットスーパーによって事業部の横のつながりも生まれています。今後はさらにシステムやサービスが充実していくと聞いています。
業務を通じて、お客様も喜んでくれる素晴らしい仕事です。私と一緒にオーシャンシステムのファンをどんどん増やしていきましょう!

※所属、肩書き、サービス名などは2021年3月時点のもの